出店ブース 東側「16」
『参加蔵元情報(31)』
【白扇醸造】川辺町
代表銘柄「花美蔵」HANAMIKURA
記録が残っておりませんが、江戸時代後期からみりん屋でした。「美醂」として販売されていました。
酒造業は明治32年(1899)免許を取得し始まりました。
昭和50年代後半頃、昔ながらの製法を守る「福来純三年熟成本みりん」が食品研究家の間で話題となり、売上げを伸ばしています。
平成4年「黒松白扇」より「花美蔵」に銘柄名を変更し、地元の味を大切にしています。どれを飲んでいただいても、飲み飽きない味わい深いお酒になっています。
白扇さんの秘密兵器が登場です!
花があり、美しい演出です。
白扇酒造HP:http://www.hakusenshuzou.jp
FB:https://m.facebook.com/hakusen.mirin

ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
スポンサーサイト
2017.03.18 / Top↑
出店ブース 東側「16」
『参加蔵元情報(30)』
【大塚酒造】
代表銘柄「竹雀」TAKESUZUME
創立明治17年です。昭和53年から、初霜を使い酒造りをされています。
昭和55年生まれの大塚清一郎氏が蔵へ戻ったのが平成22年。それまではタンク2本のみを細々と地元向けに造っていた酒蔵でした。
雀竹 006

三重県の「酒屋八兵衛 山廃純米」に感動し、その醸造元で修業をした大塚氏は、自蔵に戻ると新ブランド「竹雀」を立ち上げ。その力強く奥深い味わいが今注目を浴びています。
大塚氏は幼い頃より剣道に没頭し、竹に雀の家紋を付けて試合に臨んでいたため、酒名にもこの縁起の良い二文字を当てました。目指すは腰の強さとキレの良さを併せ持つ、飲み応えのする旨酒。特に「山廃」に力を入れており、奥様とお父様のサポートのもと、ほとんどの作業を一人でこなしています。若き努力家の魂のこもった酒を感じてください。
http://www.ikeda-net.or.jp/mall/otsuka/

ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2017.03.18 / Top↑