出店ブース 東側「13」 『参加蔵元情報(25)』 【平野醸造(資)】郡上市 代表銘柄「母情 」BOJO 創業1873年。創業者平野吉兵衛、その妻じゅうは人のため、社会のために心を尽くされた方として知られ、その精神を酒造りに生かし、後世に生かし、歴史と伝統が息づく手造りの製法を頑固に守り、上品な喉ごしの良さ、香りの良さに定評があります。 県名水五十選「健康水不老長寿の水」として尊ばれている長刀清水を蔵内へ引込み、仕込み、米洗い、蒸米、道具洗い、倉人の日常生活水、すべてこの水を使用しています。 創業以来醸造の基本技術を忠実に守り、誠実な酒造りを続けられています。 平野醸造(資)HP:http://www.bojo.jp/
ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
スポンサーサイト
2017.03.15 / Top↑

 

 今日からご紹介します蔵元さんから、大階段より東側の出店です。駅北口より名鉄岐阜駅方面へ向かう場所です。 出店ブース 東側「13」 『参加蔵元情報(24)』 【花盛酒造(株)】八百津町 代表銘柄「はなざかり」 HANAZAKARI 創業明治20年(1885)。山に囲まれた町の木曽川河畔に建つ蔵元です。特定名称酒を主体に小仕込みならではの手造りの良さを生かした酒を追求し、手を抜かない丁寧な造りをされています。 和釜・甑を使い、箱麹法で糀を造り、麹米は全量手洗い。上槽は特にこだわり、ヤエガキ式槽または、しずくとり(袋吊り自然垂れ)で行われています。 生酒は、すべて瓶囲い氷温貯蔵で熟成されています。 25.26日も10~15時まで蔵開きをされます。 ぜひお出かけください。 花盛酒造HP:http://www.hanazakari.co.jp/
ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2017.03.15 / Top↑

 

 出店ブース 西側「12」 『参加蔵元情報(23)』 【(株)三輪酒造】大垣市 代表銘柄「白川郷 純米にごり酒」SIRAKAWAGO JYUNMAINIGORISAKE  天保8年(1837年)創業以来、180年に届こうとしております。  初代徳次郎が、現在の岐阜県養老郡上石津町多良松ノ木より養老町澤田の日比家に奉公後、大垣市船町において酒造業を始められました。その後、八代目まで受け継がれてまいりました。 近年は先代からの流れそのままに、岐阜そして日本を代表するブランドとして、純米にごり酒並びにどぶろく白川郷に特に注力し、それらを全国そして世界へ製造販売致しております。  三輪酒造の柱である純米にごり酒白川郷は、白川村和田元村長が三輪酒造六代目三輪春雄に、どぶろく祭り用に売れるどぶろくを造ってもらえないかという依頼により、昭和51年に白川村村議会及び名古屋国税局の承認により誕生致しました。  当時の岐阜県酒造組合技術顧問であられた、中野浩先生のご指導により、出来るだけどぶろく祭りのどぶろくに近いもので、都会の人々に喜ばれる商品を、というコンセプトにより、純米で日本酒度(甘辛の基準)もマイナス25という、通常では考えられないお酒が出来上がりました。 「日本の古き良き歴史や文化を今なお守り続ける白川郷を、お酒で何かしらお伝えしたい」 「白川郷という銘柄を通じて、濁酒の美味しさにとどまらずその奥深さをお伝えしたい」 という想いをもって、濁酒に特化した蔵として世界に誇るべき日本酒文化を発信していきたいと思っています。 三輪酒造は、これからも未来に向かって濁酒を主に酒を醸し続けてまいります。 (株)三輪酒造HP http://www.miwashuzo.co.jp FB:https://m.facebook.com/miwashuzo/…
ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2017.03.15 / Top↑