『参加蔵元情報(24)』 2F東側 ブース「13」
【小坂酒造場】美濃市
代表銘柄「百春」HYAKUSHUN
「さんやほう」SANYAHOU
安永元年(1772)創業。蔵の建物は、江戸の造り酒屋を今に伝える、どっしりとした構えで、独特の卯逹造り、むくり屋根などを含め、国の重要文化財に指定されています。美濃市は、今でも江戸情緒を伝える街並み 「うだつの上がる街並み」として有名です。
酒名「百春」は、百たび春を迎えられるようにと名付けられました。
関市のこだわり地酒「さんやほう」は、「みのにしき」を農薬・化学肥料を使わず栽培。サポーターの方々と、「田植え~新酒になるまで」 の農作業を通して、農業や環境について考えます。サポーター募集中です。
昨年は、「百春 無濾過生原酒 五百万石」「百春 無濾過生原酒 おりがらみ」「百春 無濾過生原酒 ひだほまれ」を出品していただきました
小坂酒造場HP http://www.kuramoto-kosaka.com/


ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
スポンサーサイト
2018.04.19 / Top↑
『参加蔵元情報(23)』 2F東側 ブース「12」
【足立醸造(資)】岐阜市
代表銘柄「金華山 」KINKAZAN
「蒼穹」 SOUKYU
創業1861年。150年以上の間、岐阜市内にて美酒を醸されています。
豊富な長良川系の伏流水と越後杜氏によって、醸し出される岐阜の酒は、旨口の味わいタイプ。
「季節を問わず、1番日本の料理を引き立てるのは日本酒」と考える足立さんは、岐阜の赤味噌文化に合わせて、純米タイプで味のしっかりした旨みある日本酒を造っています。
「蒼穹」(そうきゅう)とは、地平線上に空が弓なりに見えることをいいます。金華山山頂から南を見ると、濃尾平野の蒼穹が見られます。
「蒼穹」は、純米吟醸以上の酒質に名付けられます。数量限定で、無濾過もあります。
昨年は、「金華山 蒼穹 無濾過」「金華山 蒼穹」「金華山 純米しぼりたて 生原酒」を出品していただきました。

ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2018.04.18 / Top↑
『参加蔵元情報(22)』  2F東側 ブース「12」
【三千櫻(株)】中津川市
代表銘柄「三千櫻 」MICHIZAKURA
創業1877年(明治10年)。庄屋の4代目だった山田三千介氏が酒造業を始めました。
銘柄名の「三千櫻」は、この三千介氏の名前に由来しています。
木曽山脈の麓、山深く水清い田瀬の地で、米の栽培から手掛けられる、完全手造りの蔵です。
仕込水は自社の山から湧き出る清水を使用しています。水を守るため、木を切らず、植林をせず、総天然林として水源の山を維持しています。 自分の納得いく酒造りのために、できることはやっていこうと考えています。手間のかかる、直汲みを得意とされています。
また、海外からも人気の三千櫻さんです。
昨年は、「三千櫻 純米愛山 さくらのにごり」「三千櫻 純米原酒 愛山」「三千櫻 純米 愛山直汲生原酒」 を出品していただきました。
HP http://michizakura.jp/
FB https://www.facebook.com/michizakura/


ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2018.04.17 / Top↑


アルコール度/15度
原料米/きたしずく100%使用
精米歩合/55%

三千櫻酒造株式会社

ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2018.04.16 / Top↑
『参加蔵元情報(21)』 2F西側 ブース「11」
【花盛酒造(株)】八百津町
代表銘柄「はなざかり」 HANAZAKARI
創業明治20年(1885)。山に囲まれた町の木曽川河畔に建つ蔵元です。特定名称酒を主体に小仕込みならではの手造りの良さを生かした酒を追求し、手を抜かない丁寧な造りをされています。創業以来、少量ながら良質な酒造りをモットーに現在に至っております。
和釜・甑を使い、箱麹法で糀を造り、麹米は全量手洗い。経営者杜氏の元に小仕込みで製造を行い、袋吊りや全国的に数少なくなった「ヤヱガキ搾り機」の使用や、しずくとり(袋吊り自然垂れ)搾りなど、こだわりの商品を提供しております。
生酒は、すべて瓶囲い氷温貯蔵で熟成されています。
昨年は、「はなざかり 純米大吟醸50しずく」「はなざかり 特別純米なかとり」「花ざかり 純米雄町なかとり」を出品していただきました。
花盛酒造HP:http://www.hanazakari.co.jp/


ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援お願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
濱芳までの道案内! 詳しい地図を見る、をクリック!   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
2018.04.16 / Top↑